国内の経済情勢が悪化

為替とは実際に現金を使用せずに、その代替品として流通することで金融取引を行うためのものです。為替を利用することで、巨額な金融取引の安全性や現金の振り替えなどもスムーズに行えるようになり、国内外の金融取引での利便性が向上しています。

また為替の存在は国際間の金融取引にも大きな役割を果たしています。一般的に各国内の通貨価値は自国の中央銀行により管理されており、その金融価値は自国内でのみその効力を発揮します。言いかえれば国際間での金融取引を行うためには、各国の金融価値の補正を行うことが必要になります。

為替には為替レートが設定されており、各国の金融価値により補正した金額を、通貨の交換比率として為替レートに反映しています。現在の国際流通市場では、世界の基準通貨である米ドルを基準として、各国の通貨に対しての交換比率を設定しています。

為替のレートは自国の金融価値により決まることから、その国の国内経済情勢が大きく影響します。国内の経済情勢が悪化すると、通貨価値が下がり国際間での通貨価値も下がります。為替レートでは1ドルあたりの自国の通貨が低くなり、ドル建てによる国際流通市場では収入が減ることになります。

ちなみに日本では長引く円高が継続しており、日本円の国際価値は低い状況となっています。ご存知のように現在の日本国内経済は冷え込んでおり、国内産業経済も低迷しています。このように、国内の経済情勢が悪化することで、為替レートが低くなり国際流通市場が悪化することで、国内経済にも影響が及ぶことになります。

Posted in 為替の基礎知識と経済への関連性

コメントは受け付けていません。