預金詐取の防止

自分の預金は自分で守りましょう」。と、警察も銀行も言っています。そのいくつかを紹介します。

1.昔から言われているのは、「通帳」と「印鑑」は、一緒に保管しないこと。

2.キャッシュカードの暗証番号は、推測され易い番号は、使わないこと。例えば、誕生日、住所、電話番号など。

3.キャッシカードを使っての、払い戻しは他人に、頼まないこと。

4.暗証番号などは、メモなどに、書き遺さないこと。

5.生体認証のサービスを。利用すること。

「生体認証」とは、全ての人が持っている特徴で、同じ特徴を持っている人が、他に居ないこと、この特徴が時間によって、変化しないことが必要です。これを個人の識別に利用するのです。この「生体認証」はいろいろなところで、使われています。例えば、出入りが、特定の人だけにしか、許されていない、部屋の出入口とか、特定の人だけにしか、操作を許されていない、電算機の操作を始めるときなどに、利用されています。

「生体認証」として、古くから使われていて、よく知られているのが、犯罪捜査に使われている、「指紋」です。この他にも。瞳のなかにある「虹彩」や、手のひらや指の血管の形を読み取る「静脈認証」も、利用されています。この他にも、「声紋」や、「顔形」、「筆跡」なども実用化されています。血縁関係を調べるのに、使われている、DNT鑑定も「生体認証」です。

銀行のATMでは、暗証番号と、指や手のひらの、静脈の形を読み取って、個人の識別を行っています。

Posted in いろいろな預金と預金の安全

コメントは受け付けていません。